【海外留学】海外で現金が必要ならマネパカードは持っていくべし【海外旅行】

はじめに

 

クレジットカードを数種類持っていったとしても、海外留学・海外旅行の場面では現金が必要な場面もあります。

僕の留学先であるデンマークや北欧諸国の留学・旅行では、コインロッカーやコインランドリーで現金を使うくらいで、そこまで現金の必要性は感じなかったのですが、旅行でポルトガルやドイツ、フランスに行った際にはやはり現金は持っていたほうが良いと感じました。

でも、日本で大量の現金を両替していくのも不安でしたし、スリや置き引きの危険性もあるので持ち歩くのも不安でした。現金が必要な度に円から両替するという方法もあるのですが、両替手数料のことを考えると、ちょっともったいない気もします。

 


 

これらの問題を解決してくれたのが、「マネパカード」というプリペイドカードです。このカードによって、日本から円を持っていく必要も、海外で両替する必要も、そして大量の現金を持ち歩く必要もなくなりました。

今回は、海外留学・海外旅行に必須といっても過言ではないと考えている、「マネパカード」について、その魅力についてまとめてみたいと思います。





マネパカードとは

 

マネパカード」は、マルチカレンシー・プリペイドカードです。

このカードに日本円をチャージし(銀行振込やコンビニ振込、ネットバンキング、等)、使用したい通貨(アメリカドル、ユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、香港ドル)に両替することで、海外ATMで現地通貨を引き出すことが可能。そして、MasterCardの使用できるお店ではプリペイドカードとしてクレジットカードと同じように使用できます。

また外貨を再び日本円に両替し、日本国内でのショッピング利用や銀行振込による返金もできるので、海外旅行・海外留学で余った外貨をそのままにする必要もありません。

マネパカードは、クレジットカードではなく、プリペイドカードなので与信審査がなく、年会費無料、15歳以上なら誰でも作ることができるのも魅力です。

 

ショッピング利用での手数料が無料

 

一般的なクレジットカードを使用して海外ショッピングを行うと、「為替手数料」「事務手数料」という海外ショッピング利用時の手数料(およそ1.6%)がプラスされてしまいます。

しかし、「マネパカード」はこの手数料が無料(先に外貨に両替をしているので、ショッピング利用での手数料がかからない。)なので、海外でお得に買い物することができます。

(公式HPによると、クレジットカード利用と比べて34%〜54%ほどお得になるみたいです!)

 

不正利用されにくく、補償・サポートも充実

 

ICカードなのでカードの偽造やスキミングによる不正利用の心配がありません

カードを利用する度に、その取引内容がメールで送られてくるので、不正利用された場合でもすぐに気づくことができます。

また、「マネパカード」で購入した商品が、破損したり盗難にあった場合でも保険の範囲内で補償され、何か問題が起きた場合は、24時間365日対応のサポート窓口があるので安心です。

 

利用限度額が自分で決められる

 

1回、1日、1ヶ月の利用限度額を自分で決めることができるので、使いすぎを防止したり、盗難にあった場合でも被害が利用限度額の範囲で収まるので安心です。

また、留学・旅行後にマネパカードを利用しない場合は、利用再開と利用停止の設定がインターネットでできます。

 

海外のATMが利用可能

 

マネパカードの一番の魅力はこれだと思います。

現地に銀行口座を持っていなくても、マネパカードを使用することで、海外のATMから現地通貨を簡単に引き出すことができます。

(現地で銀行口座を開設し、海外送金を利用して、現地通貨で引き出すのは、手間と手数料がものすごくかかります。)

僕も旅行の際は、必要な分の現金(宿泊施設のデポジット代や、クレジットカードが使用できない場合の食事代等)だけを引き出していました。

 

必要な手続きは全て、カード会員専用サイトから

 

マネパカードを作成すると、カード会員専用サイトにアクセスすることができます。そこで、マネパカードへの日本円のチャージ、外貨への両替、利用限度額の変更、利用停止の手続き等、全ての手続きがインターネットで完結するので、余計な手間がかかりません。

 

マネパカードの利用方法

 

一般的な利用方法としては、

 

  1. 日本の銀行口座のネットバンキングで、マネパカード専用の個人口座(カードを作成すると個人毎に振込口座が与えられます。)に日本円を振り込む。
  2. 振込の確認が取れたら、使用したい外貨に両替しカードにチャージ。
  3. 海外ATMを利用して現地通貨で引き出し or プリペイドカードとしてショッピング利用

 

というように、めちゃくちゃシンプルかつ簡単に利用することができます。

 

まとめ

 

マネパカードは海外旅行・海外留学に必須のカードだと思います。これさえあれば、日本円を外貨に両替して持っていく必要もありませんし、たくさんの外貨を持ち歩く必要もありません。

複数枚のクレジットカードと使い分けることで、スリや置き引きに対してのリスク分散にもつながり、不正利用もされにくく、サポートも万全なので安心です。

そして、海外でショッピングをする場合でも手数料を抑えてお得に利用することができるのも魅力だと思います。

 


 

僕はデンマーク留学に際して、必要最低限の日本円しか持ってきておらず、デンマークの通貨はDKK(デンマーク・クローネ)なので、旅行先でユーロが必要になった時には本当に便利でした。

通貨も米ドル・英ポンド・ユーロ・豪ドル・香港ドルに対応しているので、ユーロ圏以外でも使用できるのも、今後の将来のために1枚は作っておいて良かったなあと思います。

 


 

海外旅行をする計画がまだない方も、留学したいって考えてはいるけどもという方も、使用するかしないかに関わらず、持っているといざという時に本当に便利なので、是非、マネパカードを作ることをおススメします!(日本国内でもプリペイドカードとして使用でき、0.5%のキャッシュバックが付くみたいです!!)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

おしお

現在、デンマーク留学中の、建築を学んでいる大学院生(意匠系)。 都内ではピストバイクを使って移動しているので、デンマークの都市計画(自転車政策)について関心を持っています。 このブログでは、トビタテ!留学JAPAN,デンマーク留学,フォルケホイスコーレ,建築,国内・海外旅行,ピストバイクに関する情報をみなさんに共有します!