【一級建築士】学科試験に合格するために行ったこと【計105点】

 

 

 

 

 

はじめに

 

2020年度(令和2年度)の目標として、一級建築士資格の取得がありました。

昨年度は二級建築士を取得したので、学科の知識と製図の感覚が残っているうちに、取ってしまおうという考えでした。

二級建築士の学科は独学でしたが、独学を経験してみて、建築士試験の勉強範囲の広さと、書店で売られている書籍の情報量が比例していないと感じたので、大手の資格学校である、総合資格学院に通って勉強することに決めました。

この記事では、総合資格学院の一級建築士講座に通っていた際の、僕の勉強法と考え方をまとめたいと思います。

 

※(受講料の安い、日建学院とも比較したのですが、営業の方の言葉遣いや応対の仕方があまり良くなかったので、総合資格学院にしました。)

※(資格学校に関しては、どこでも大差ないと思います。勉強するのは自分です…。

※(学科合格時のインタビューが、ガイダンス時に配布されているみたいです。この記事はその内容に加筆する形でまとめたいと思います。)

 

この記事で学べること
  • 1週間の勉強スケジュール
  • 使用していたスマホアプリ
  • 予習・復習に関して
  • 問題の取り組み方
  • 講義範囲以外の勉強に関して
  • 特別対策講座に関して

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

おしお

現在、デンマーク留学中の、建築を学んでいる大学院生(意匠系)。 都内ではピストバイクを使って移動しているので、デンマークの都市計画(自転車政策)について関心を持っています。 このブログでは、トビタテ!留学JAPAN,デンマーク留学,フォルケホイスコーレ,建築,国内・海外旅行,ピストバイクに関する情報をみなさんに共有します!