デンマーク留学で必要な、学生ビザ&ワーホリビザの申請方法

はじめに

デンマークに長期滞在(3ヶ月以上)する人は、「ビザ」を申請しなければなりません。

この「ビザ」ですが、デンマークでは「居住許可証(Residence Permit)」を指すので、名前と意味が混乱しやすく、ややこしいです。

デンマーク留学の際に申請するビザには、学生ビザ(ST1)とワーキングホリデービザ(WH1)の2種類が一般的にあります。

僕はどちらのビザも申請したので、その経験を踏まえつつ、ビザ申請についてまとめたいと思います。

※2018年8月時点の情報なので、方法や金額が変更されているかもしれません。

ビザの申請場所について(共通)

どちらのビザも、東京・代官山にあるデンマーク大使館に申請する必要があります。

申請をする前に、メールで申請日を予約しなければなりません。

デンマーク大使館:tyoambcon(at)um.dk (atは@に変えてください。)

メール本文に、氏名、国籍、電話番号、予約希望日を書いてメールすると、1〜3日くらいで、予約日時が書かれた返信が来るので、必要書類を持って向かいます。

5月・6月・7月はビザ・就労・滞在許可の申請者の混雑が予想されます。つきましてはご希望日より少なくとも一ヶ月前までにはご予約をしてください。

引用:デンマーク大使館HPより

このようにデンマーク大使館のHPに記載されているので、ビザの申請準備は余裕を持って行いましょう。

※ビザの申請受付は、渡航予定日の1〜2ヶ月前からと言われています。それよりも早いと申請が受け付けてもらえない場合があるので注意。

ワーキングホリデービザ(WH1)について

2007年10月から日本とデンマークはワーキングホリデー制度を結びました。

学生ビザと比べた場合のメリットとしては、CaseOrder ID(後述します。)の費用がかからないということ、そして受け入れ先が決まっていなくても申請ができるということです。

New to Denmark-Working Holiday

ワーキングホリデービザの条件

  • 日本国籍かつ日本在住であること。
  • 主な滞在目的が休暇であること。
  • 申請時の年齢が18~30歳であること。
  • 子どもの同伴不可。(独自のビザや居住許可証を持っていれば可能。)
  • これまでにデンマークのワーキングホリデービザを取得したことがないこと。
  • 有効なパスポートを所有していること。
  • 往復航空券または購入できる資金を有していること。
  • 滞在資金15,000クローネ(約27万円)を有していること。
  • 健康かつ犯罪歴がないこと。

滞在可能期間(最長)  1年間

就学できる期間     明記なし

就労できる期間     6か月

申請に必要な書類

  1. パスポートの全ページコピー(表紙、裏表紙含めすべて)
  2. 預金残高証明書(15,000クローネ(約27万円)+航空券代)
  3. WH1申請書類 Download the printable form WH1 (Pdf format)
  4. 証明写真(パスポートサイズ)1〜2枚

オンライン申請もできるのですが、その場合は14日以内にデンマーク大使館で生体認証の登録をする必要があるので、デンマーク大使館に書類を持って申請し、その場で生体認証の登録をするのが良いと思います。

申請から、早くて1ヶ月ほどで結果が届きました。

【悲報】渡航予定1ヶ月前にワーホリビザに落ちた

WH1ビザ申請から1ヶ月後、そして渡航予定日からおよそ1ヶ月前に、ワーキングホリデービザの許可が降りませんでした、と手紙が届きました。

理由としては、WH1申請用紙の5. The applicant’s commentsの欄に、「半年はデンマークで勉強して、半年はインターンシップをします。」と書いたので、ワーホリの条件に反しているとの解答でした。

  • 主な滞在目的が休暇であること。

自分の確認不足で、この条件に合わないことを書いてしまったからでした。

トビタテの同期の子も、デンマークのワーホリビザに落ちていたので、もしかしたら同じ理由だったのかもしれません。

メールや電話でデンマークの移民局に問い合わせもできたのですが、渡航日まで時間がないために、学生ビザに切り替えて申請することを決めました。

学生ビザ(ST1)について

ワーホリビザ(WH1)とは異なり、学生ビザ(ST1)の申請には、CaseOrder IDの取得が必要です。

New to Denmark-Study

申請費用は、2,110DKK(2018/11時点:約36,700円)かかります。

僕は渡航日まで時間がなかったので、オンライン申請にしました。

(デンマーク大使館に申請予約も、同時並行で行いました。)

手続き方法

  1. Case Order IDを取得
  2. オンラインでST1を記入
  3. 提出に必要な書類をスキャンし、オンライン提出
  4. デンマーク大使館で生体認証を登録(提出から14日以内)

※このオンラインST1のフォームですが、デンマークの大学やフォルケホイスコーレの受け入れ先の方で、一部を記入してもらい、そのURLとPasswordを送ってもらう必要があります。

申請に必要な書類

  1. パスポートの全ページ(表紙、裏表紙含めすべて)
  2. 受け入れ先の許可証
  3. 学費振込の領収証
  4. フルネームのサイン
  5. 証明写真(パスポートサイズ)1〜2枚

 

1.〜4.はオンライン申請のフォームに出てくるので、スキャンして提出します。

5.はデンマーク大使館に行く際に持ってきてくださいと言われました。

申請から結果が届くまで、3週間ほどでした。

ビザが取得できなくても入国はできます。

日本国籍の方は90日以内での観光・出張・会議出席・短期講座出席・親族や知人訪問等の目的でデンマークに滞在する場合はビザを取得する必要はありません。

日本国籍の方で90日を超えて滞在する場合、就労あるいは居住許可を取得する必要があります。

引用:デンマーク大使館HPより

日本国籍の場合、90日以内では観光ビザとして入国はできるので、学生ビザやワーホリビザが取得できていない状況でも、入国することはできます。申請中のビザの結果を、デンマークの滞在住所に届くようにする、もしくは日本から郵送してもらえれば、問題はありません。

僕も渡航日に間に合わなかったので、観光ビザで入国し、居住許可証を日本から友人に持ってきてもらい、こちらで手続きをしました。

まとめ

  1. 「90日以上滞在用のビザ」=「居住許可証」
  2. 「学生ビザ(ST1)」と「ワーホリビザ(WH1)」がある。
  3. WH1は預金残高証明が必要で、ST1はCaseOrder IDが必要。
  4. WH1の主な滞在は休暇”である。
  5. 申請はデンマーク大使館で、予約をする必要がある。
  6. ビザが降りていなくても、観光ビザで入国はできる。

ビザの申請は時間に余裕を持って正しく行いましょう!

居住許可証を受け取ったあとのデンマークでの手続きは、次回まとめたいと思います。

4 件のコメント

  • はじめまして。質問があります、コメントさしていただきます。
    ビザを待っている間に観光ビザで行ったと書いてましたが、その時帰りの飛行機のチケットも購入したましたか?
    それとも行きだけの飛行機チケットで観光として入れましたか?

    • 中山様

      往復の航空券を手配していました。
      自分は、ヘルシンキ経由でデンマークに入国したのですが、ヘルシンキでの入国審査では帰りの航空券を確認されることはありませんでした。

      入国審査を行う国によって、また担当の審査官によって審査の基準もまちまちだと思うので、往復の航空券を手配していたほうが無難だと思います。

  • はじめまして。質問なのですがST1でFolk high schoolに行く際2つの学校に行く予定なのですがST1のフォームを二つの学校分作成しないといけないのでしょうか?二つの学校分申請する場合は申請費用は倍かかるという事でしょうか?
    また、仮に一つの学校の期間が終わった際、次の学校までの期間は一度デンマーク国内から出ないといけないのでしょうか?すみませんが教えてください。

    • 森下様

      返信が遅くなってしまい申し訳ありません。(どういうわけかスパムメッセージになっていました。)

      自分は2つのフォルケに行っていないので、なんとも言えないのですが、Case Order IDは1回の申請につき、1つ発行する必要があるので、費用は倍かかるのでは…と思います。

      学生ビザに関しては、2つのフォルケに行く場合、居住地(住所)が変更となるので、滞在許可証の申請の関係上、
      2つの学校分の申請をする必要があります。

      (確実な情報ではないです。すみません。)

      学生ビザは、自分の場合、フォルケの期間中+14日間(2週間)の滞在許可が降りたので、その期間(14日間)の間は、デンマーク国内に滞在できます。
      (また、滞在許可が出ている期間内は、シェンゲン協定の期間内にカウントされないとの情報もあるので、14日間以降も観光ビザとして滞在することができるかもしれません。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    アバター

    おしお

    現在、デンマーク留学中の、建築を学んでいる大学院生(意匠系)。 都内ではピストバイクを使って移動しているので、デンマークの都市計画(自転車政策)について関心を持っています。 このブログでは、トビタテ!留学JAPAN,デンマーク留学,フォルケホイスコーレ,建築,国内・海外旅行,ピストバイクに関する情報をみなさんに共有します!